<< よこわ | main | タチウオ料理のご案内 >>
ジギングロッドインプレッション サーベルダンス編

先日の伊勢湾ジギングでタチウオをたくさん釣ってきましたが、その際に使ったのが竿おろしとなったサーベルダンス君



Golden
Mean(ゴールデンミーン) サーベルダンス SDC−60UL


 


ロッドのスペックではジグの重さは約100gまでとなっておりますが、使っていたジグは200gばかりでした。汗


でもやっぱりジギングのロッドも使ってみないと分らないものですね。


200gのジグでもマッタク問題なく使えました。


と言うより今までのロッドよりも柔らかめなおかげでタチウオのアタリがとっても取り易かったです。


 


タチウオを掛けてからのやり取りもサイズが指4本ほどまでという事もあって余裕。


でもやっぱり水深60m付近から上げるのは大変。


ギア比の高いリールが欲しいですね。


 


最近、人気の高いタチウオジギング。


ジグのロストが多いジギングなだけにロッドへの投資は抑え目の十分なのでは?


と言うのが僕の見解。


 


その点、サーベルダンスはお勧めですね。

カテゴリ:ジギングタックルの紹介 | 06:22 | comments(0) | trackbacks(0) | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://first.jiging.boy.jp/trackback/840460
トラックバック